女性ホルモンを増やす方法

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

女性ホルモンを増やす方法

 

乳腺が発達しないと胸が大きくなりません。。

 

乳腺というのは女性ホルモンの分泌に

深く関わっています。

 

jyoseiholmon9

 

女性ホルモンが足りないと乳腺が発達しないので、

バストアップはできないのです。

 

バストアップに深く関わる2つの要素

 

この女性ホルモンと一言で言っても

バストアップに深くふかーく関わっているのは

エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つです。

 

この2つのホルモンが交互に優位になりながら

女性ホルモンを活性化させていくのですね(^^)

 

では女性ホルモンを増やすにはどうしたら良いのか?

について詳しく解説しますね(^^)

 

 

私たちを作っているのは食べもの!

 

まずは食事面の見直しです。

 

当然ですけど私たちは食べものから

栄養を摂って健康なカラダを維持しています。

 

ってことは?

 

栄養のある食事を摂らないと

ホルモンバランスが整わないし

女性ホルモンも活性化されないのです(>_<)

 

 

特に、痩せ型体型でお悩みの方は

食生活に問題がある可能性が高いのです。

 

ガリガリで太りたいといった方は

栄養吸収力が弱いのでうまく消化されず

栄養が摂れません。

 

バストアップに必要な程度の体脂肪もつかなければ

バストも成長しないのですね。。

 

食事療法もきちんと行っていきましょう。

 

 

・大豆イソフラボン

 

gohan348

 

これはもうバストアップ初心者さんでも

知っていて当然!育乳の要となる栄養素です(^^)

(これすら知らない人は反省してください笑)

 

納豆や豆腐、豆乳などに含まれるモノです♪

 

 

・たんぱく質

 

たんぱく質は私たちの血や肉となる

とても重要な栄養素の1つです。

 

あなたの体重が例えば50キロだとしたら

少なくともたんぱく質は1日50gは摂る必要があります。

 

 

・酵素

 

酵素も私たちの消化や代謝を助けるので

女性ホルモンの活性化に深く関わっている

重要な栄養素となります。

 

生野菜やフルーツを毎日積極的に摂りましょう!

 

F

 

その他、ビタミンや炭水化物など

栄養バランスを考えながら摂りいれていきましょう(^^)

 

でもこれだけではバストアップには不十分です。

 

 

女性ホルモンを活性化させるバストケア♪

 

バストアップに成功したいなら体に無理なく、

自然な方法で行うのが一番ですよね(^^)

 

そのためには、正しいマッサージやストレッチなど

自分でできるバストケアを習得する必要があります。

 

この女性ホルモンの分泌を促進するのが、

バストアップ教材で紹介されているマッサージ等です。

 

特にユイがお勧めしているバストアップDVDの

マッサージは、女性ホルモンが分泌されやすいところを

しっかりマークして教えてくれますよ☆

 

dore156

 

だから、自己流のマッサージと違って効率よく

女性ホルモンを分泌して、乳腺を発達できるのです!

 

もちろん、バストアップには脂肪も欠かせません。

 

 

むしろ脂肪は乳腺が発達することで、

その乳腺を守るために脂肪細胞が

バストについていくのです!!!

 

 

単に体脂肪を増やしても、乳腺が発達しない限りは

バストに脂肪をつけるのは難しいのです。

 

ですから、体脂肪を増やしてバストアップをするとしても、

女性ホルモンが足りなければバストアップはできないのです。

 

 

おわかりいただけましたか?

 

バストアップのためには体脂肪を増やすだけでなく

乳腺を発達させないと効率的なサイズアップは見込めません。

まずは、女性ホルモンを増やすことを意識して生活していきましょう(^^)

 

 

女性ホルモンの分泌が安定しない人へ

 

ユイの読者さんの中には

多嚢胞性卵巣症候群」の方や

子宮筋腫」で子宮を全摘した方が

いらっしゃいます。

 

そういった方でも地道に取り組むことで

今よりもバストアップ効果は期待できますので

ぜひ前向きに取り組んでほしいです。

 

卵巣があって排卵があるのであれば

女性ホルモンはあります。

 

あとは日頃から生活習慣、食生活に気をつけて

ユイが提案するバストケアをしていきましょう(^^)

 

不調なカラダでは女性ホルモンがスムーズに作られません。

 

そういった意味では婦人科系の病気を患っている方も

そうでない方も条件は同じです。

 

育乳に不利な方でも続けていたら

何かしら良い変化は見られるはずですので

ぜひユイと前向きに取り組みましょうね(^^)

 

ちなみに多嚢胞性卵巣症候群のほとんどの方が

インスリン抵抗性を持っていますが

これが体重が大きく変化する原因となっています。

 

インスリン抵抗性をうまくコントロールするために

魚や大豆など脂肪の少ない良質なたんぱく質を

たくさん摂りましょう。

 

バストアップに成功するには

マッサージやエクササイズ、サプリ、

豊胸手術などいろいろな方法があります。

 

でも豊胸手術は胸が硬くなるなったり

サプリは生理不順になったりと

何かと副作用が心配ですよね。。

 

つまり、手軽にバストアップが出来ると言っても、

リスクがものすごく高いのですね。

 

自宅で手軽に実践できて

それで女性ホルモンが活性化されるなら

それが一番良いと思いませんか?(^o^)

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ