流れる脇肉や背中のはみ肉をバストにするために

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

流れる脇肉や背中のはみ肉をバストにするために

 

バストの中に詰まっているものは、

実は、ほとんどが脂肪だということを

知っていましたか?

 

バストの構造というのは、

・乳腺1割

・脂肪9割

で形成されているとされています。

 

 

9割が脂肪ということは…。

 

おっぱいのほとんどが脂肪なんだから

なんのケアもせず、放りっ放しにしていたら、

だらしなく垂れ下がってしまう一方だということは

容易に想像がつきますよね(>_<)

 

 

実際、はち切れんばかりで豊満なバストに見える女性でも

ブラジャーを取った瞬間、だら~~んと流れてしまい、

ヌードバストはとっても残念な方も。。

 

放置プレイしていると遅かれ早かれ

こうなってしまうのです…。

 

 

でも安心してください!

対策はいくらでもあります(^^)

 

 

バストの脂肪が流れてしまう原因には、

バストを支えているクーパー靭帯の伸びや

肌の老化によって皮膚が衰えたことが挙げられます。

大胸筋の筋肉の衰えもあるでしょう。

 

 

最も多くの人にあり得るのが、ブラジャーの問題です。

 

バストの脂肪が流れてしまう人のほとんどが、

自分に合ったブラジャーを使っていません。

 

また、ずーっと同じブラジャーを

使いまわしているという問題もあります。

 

 

本来ブラジャーは、バストを守るために着用するものですが、

女性の中にもバストを隠す程度の存在にしか

扱っていない人もいます。

 

これではせっかくのバストが流れてしまうのも、

無理はありませんよね(>_<)

 

haminiku32

 

 

バストの脂肪を逃がさないためには、

脇肉や背中のはみ肉をきちんとカップへ収めてくれる

身体にぴったりフィットしたブラジャーを付けるのが基本。

 

また、運動をするときにはスポーツブラを着用して

バストの揺れによる下垂を防ぐ!

 

そして就寝中にはナイトブラを着用するなど、

シーンに合わせたブラを使うのも

バスト崩れを防ぐための対策になります。

 

 

合わせてバストも、お肌と同じように

スキンケアをしてあげれば、ブラジャーを外しても

ハリのある上向きバストに変身できますよ(*^^*)

 

張りや弾力性のある美バストを作るポイントは

“乳腺質バスト”に変えていくことです☆

詳しくは以下の最新記事に詳しく書きました♪

⇒わたしのバストアップ成功体験談ブログ

 

 

バストのはみ肉を元に戻すためには

乳腺を発達させて、バストの質を変える必要があります。

美バストを作るためにぜひ取り組んでくださいね(^^)v

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ