なで肩を解消してバストアップ効果もある筋トレ方法とは?

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

なで肩を解消してバストアップ効果もある筋トレ方法とは?

 

先日、ヨガの体験に行ってきました!
その時にインストラクターのデコルテラインが美しすぎて、
釘付けになってしまったんですΣ(゚Д゚;)

 

 

かたや生徒さん方を見てみると、首から肩のラインがなだらかで境目がなく、
首が短く見えて、全然キレイじゃないんです。。

しかもなで肩の人はバストも小さく見えますしね~。

デコルテラインの美しさってバストの印象も大きく変えるんだなー…と
実感してしまいました…。

そこで今日は、なで肩を解消してバストアップ効果もある筋トレをご紹介します☆

 

なで肩って遺伝じゃないの??

 

なで肩って、骨格の遺伝だから治らない…と思っていませんか?

たしかに、先天的なものもありますが、
多くの人が下記のような生活習慣による筋肉の問題なのです。

 

・肩に重たいかばんを掛けることが多い

・仕事などで、ものを強く引っ張ることが多い
 →筋肉を下へ引き下げる力ばかり働いて肩甲骨を下げてしまいます。

・長時間デスクワークで肩回りの筋肉を動かすことが少ない。

 

これらの事は、肩の一部分の筋肉しか使っていなかったり、
筋力が少なくなってしまうので、バストが支えられず、
下がりやすくなり、貧乳に見えてしまうのです。

 

しかし、筋力の問題なのであれば
鍛えれば美しい肩ラインにすることができるということですよね^^

あきらめず、さっそく筋トレをはじめましょう。

 

なで肩対策の筋トレ方法

 

①サイドレイズ

 

500g~750g程度のダンベルを両手に持って、
足を肩幅に開いて立ちます。

→ダンベルがない場合は、500mlのペットボトルに水を入れてもOK!

 

体の脇に真っ直ぐに腕を下ろした状態から
真横にゆっくりと、腕を伸ばしたままダンベルをもち上げます。

肩よりも少し上の位置でキープします。
ゆっくりと一呼吸したら、ゆっくりと元の位置まで腕を下ろします。
これを8回、3セット行ないます。

 

②ダンベルシュラッグ

 

500g~750g程度のダンベルを両手に持って、
足を肩幅に開き、胸をしっかり張って、体の脇に真っ直ぐに腕を下ろした状態で立ちます。

→ダンベルがない場合は、500mlのペットボトルに水を入れてもOK!

 

あごを少し引き、肩だけを両方一緒に真上に引き上げ、(肩をすくめるようなイメージ)
ゆっくり元の位置に戻します。

これを8回、3セット行ないます。
これは肩こりの解消にもなってオススメです♪

 

肩が正しい位置にあると、胸が自然としっかり張れるので、
バストサイズも必然的にアップしてくるということです。

 

また、この2つの筋トレは二の腕引締めにも効果的なので、
バストの脂肪が腋へ流れる…ということも防いでくれます
よ(・∀・)

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ