卵巣の血液循環を正常に保つ方法

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

卵巣の血液循環を正常に保つ方法

 

バストアップに重要な女性ホルモンは、

卵巣から分泌されます。

 

女性ホルモンは脳からの指令を受けて

卵巣から分泌されているのですね。

 

脳からの指令でホルモンバランスはコントロールされています。

 

 

つまり、女性ホルモンが不足する原因は、

ホルモン分泌の指令を出す「脳」か、

分泌器官である「卵巣」のどちらかにあるのです。

 

ストレスが溜まると、

脳が原因で女性ホルモンの分泌が滞ります。

 

これらは自律神経が関係していて、

自律神経が強いストレスにさらされると

脳から女性ホルモン分泌の指令が正常に行われなくなります。

 

 

 

卵巣の機能が低下して胸が大きくならない原因と対策

 

一方で、卵巣が原因となる場合は、

卵巣の血液循環に異常が出て、

機能が低下したときがほとんどです

 

ransouketsueki2

 

卵巣の血液循環は、いわゆる冷え性と同じ原因で悪化します。

 

冷房による体の冷え、運動不足による血行不良、

体を冷やす食べ物の摂り過ぎ、などです。

 

 

じゃあ、卵巣の血液循環を正常に保つにはどうしたらよいか?

やるべきことは意外とシンプルなのでご安心を(#^^#)

 

 

まずは、食生活から見てみましょう。

 

体を温める、生姜や根菜類を意識して取るようにすると、

体内部の血液循環を正常に保つことができます。

 

 

また、女性は貧血になりやすいですよね。

 

血液を作る鉄分が不足しないよう、

サプリメントを飲むのも一つの手です。

 

そして体を冷やしたり、

血行を阻害したりするような服装には注意すること。

 

夏場の冷房対策はもちろん、体を締め付けて

血液の流れを邪魔する服を避けることも大切です。

 

 

最後に、運動不足の対策ですね。

 

ジョギングやウォーキング、

ジム通い等を定期的に行うのは大変なので、

まずは日常生活の中で体を動かす機会を増やしてみましょう。

 

職場まで一つ前の駅で降りて歩く、

エスカレーターでなく階段を使う、などの工夫です。

 

背筋を伸ばし、腹筋を意識しながら大き目の歩幅で歩くと、

それだけで立派な運動になりますよ☆

 

 

補足になりますが、卵巣の機能はこうした生活習慣だけでなく、

疾患によっても低下します。

 

不正出血や下腹部のしこり、痛みを感じたら、

すぐに婦人科へ相談してください。

 

 

こういった日々の生活習慣の改善とバストケアで

卵巣機能を高めてバストアップしていくことは

それほど難しいことではないので

1つ1つ、自分にもできそうなことから始めてみてください。

 

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ