アルギニンのバストアップ効果

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

アルギニンのバストアップ効果

今回は、バストアップ成分として広く知られている「アルギニン」の効果について詳しくお話しします(*^-^*)


まず、アルギニンはたんぱく質を構成する、20種類のアミノ酸の中のひとつです。

このアルギニンは、たんぱく質が体内で分解されてできるもので、成長ホルモンの分泌を促して基礎代謝を上げる作用があります。

こういったアルギニンによる作用は、お肌の潤いを保ったり、免疫力を高めたりと、女性の美容や健康に大きく貢献してくれるものです。

そして、バストアップの要になるのがアルギニンによる成長ホルモンの合成ですね。

バストアップに重要なのが女性ホルモンと言われていますが、「成長ホルモン」もとても大切なのです。


アルギニンが不足すると、体内での成長ホルモン分泌が減ってしまうのでバストの成長が遅くなったり、疲れやすくなったりといった悪影響があります

 

成長ホルモンとラクトゲン受容体の関係とは?


分泌された成長ホルモンを活性化させるために、なくてはならないのが「ラクトゲン受容体」です。

女性は思春期になると乳腺の中にラクトゲン受容体が作られます。


ラクトゲン受容体が作られるのは個人差があるので、10代でできる人もいれば、20代でできる人もいます。

このラクトゲン受容体に成長ホルモンが働く事で乳腺が発達して、バストが大きくなるのです。

ですから、アルギニンを摂取することで成長ホルモンが増えて、ラクトゲン受容体に作用することでバストアップにつながるわけですね。

 

アルギニンが多く含まれる食べ物

実は、アルギニンを含む食品は身近にたくさんあります。


【アルギニンが多く含まれる食材】
鶏肉、大豆、牛乳、ナッツ類、レーズン、玄米、高野豆腐、チョコレートなど。


アルギニンはビタミンB6と一緒に摂ることで効率よく成長ホルモンに再合成してくれますので、ビタミンB6を含む食品も以下に紹介します。


【ビタミンB6を多く含む食材】
にんにく、赤身の魚、レバー、さつまいもなど。


アルギニンで成長ホルモンの分泌を促すことで、乳腺の中にあるラクトゲン受容体と結びつく確率が上がっていくので、乳腺の発達のためにアルギニンを効率よく摂取していきましょうね(#^^#)


最後に、アルギニンをサプリによって摂取する人もいますが、健康被害のリスクが怖いですよね(>_<)

おまけにサプリによるバストアップ効果は、プエラリア系のものも含め、ほとんど期待できません。ですので、安全にアルギニンを摂取する方法としては、やはり食品から摂取するのが安全です。

「食事から摂るとどうしてもカロリーが気になる(>_<)」という方は、「すっぽん小町」が良質なコラーゲンが摂れるのでお勧めです。が、なるべくなら自然な形で摂取してほしいですね(;^ω^)

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ