ブラジャーのワイヤーって意味あるの?

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

ブラジャーのワイヤーって意味あるの?

 

さてさて、今回のテーマもユイお得意の「ブラジャー」です(・∀・)

その中でも「ワイヤー」についてです。え?マイナーすぎますか?w

 

というのも、

・ブラジャーのワイヤーが苦手!

・ブラジャーのワイヤーってない方がバストにやさしいのでは?

・ブラジャーのワイヤーって意味あるの?

など、「できれば無い方がありがたい派」の方も多いんですね~。
ワイヤー周辺の汗でかゆい、また痛いとワイヤーを抜く方もいるようです。

 

ですが、ブラジャー好きのユイとしては、

「ブラのワイヤーはあった方がいい!とっても大事!」

 

というのも声を大にして言いたいのです。

 

もうむしろ、ワイヤーの素材や質、形でブラジャーを選んでほしいくらいです!!

その理由を語らせてください!m(。≧Д≦。)m

 

①サポート力が弱いとバストが下垂してしまう

バストの位置を支えているのはクーパー靭帯です。
バストは重みがあるので、しっかりサポートしないと、
重みでクーパー靭帯が切れてしまいます。

 

②脂肪が流れてバージスラインがなくなる

脂肪は、放っておくと横や下にどんどん流れます。

バストアップ途中なら、脂肪もまだ定着していないので、
ブラジャーでのケアをおざなりにすると、脇や背中に流れてしまい、
美しいプロポーションが維持できません。

ワイヤー入りブラジャーは、バストを守り、育てる役割をします。

ブラカップ入りキャミソールなんて着てたら、
それに合わせてゆるーい体型になってしまうのです…

 

ワイヤー入りブラジャーで気を付けるポイント

ワイヤー入りブラジャーが苦手な方は、
そもそも自分に合っていない可能性があります。

 

締め付けすぎない

苦しくて息ができない!なんてことはありませんか?
それはあきらかに締め付けすぎで、育乳を阻害しています!
アンダーのサイズを大きくするなどしてみましょう。

 

夜寝るときはつけないこと。

就寝中は、寝返りなどでバストに負担をかけがちです。
そんな状況の中、ワイヤー入りブラをつけていると、
締め付けが強くなり、負担を大きくしてしまいます。

 

洗濯は手洗い

ワイヤーが当たって痛くなることが多い方は、
洗濯機などで洗ってワイヤーが変形したりゆがみ始めているのかも。
手洗いで洗うようにしましょう。

 

また、買う時も必ず試着して、
ワイヤーが変に当たって痛くないかを確かめることも大切です。

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ