クーパー靭帯が切れないようにする方法

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

クーパー靭帯が切れないようにする方法

 

クーパー靭帯とは、バストの内部で
乳腺組織を支えているゴムのようなものです。

このクーパー靭帯が伸びたり、切れたりすることでバストが下垂してしまいます。

クーパー靭帯は、おっぱいの形を保ってくれている大切な存在なんですね。

そして、クーパー靭帯は切れると修復や再生など
元に戻すのは難しいと言われています。

 

加齢とともに作り出されにくくなりますしね。

クーパー靭帯は大事に大事に扱ってあげないといけないのです…(ノД`。)ホロリ

 

クーパー靭帯が切れているかを自分で確かめる方法は??

「元に戻らない」と聞くと急に自分のクーパー靭帯達が心配になりますよね。

でも、バスト内部のことなので、自分で簡単にみることは難しいですね、、

もし、目で見たい場合は、乳腺科でマンモグラフィを撮ると、
キレイに映し出されます。

 

乳がんチェックもこまめにした方がいいですし、
足を運んでみるのもよいのではないでしょうか。

 

自宅でチェックするとなると、

・胸の位置でチェックする

・ハリ・弾力があるかをチェックする

の2つぐらいでしょうか(^_^;)

 

頻繁に直接目で確認できるものでもないので、
少しでも垂れている、と思ったら
クーパー靭帯が切れないよう予防に走るのが賢明です!

 

クーパー靭帯が切れないようにする方法

1.強く揺らさない、強い刺激でマッサージしない

刺激に弱いので激しく揺らしたり、
押しつぶすようなマッサージはNGです。

またよく読者さんにクーパー靱帯を鍛えることはできますか?
と聞かれますが、鍛えるというより大胸筋を適度に刺激して、
あとはマッサージでハリを保つのが重要だと思います。

 

2.ナイト用ブラをつけて寝る

仰向けになると、四方八方におっぱいが流れてしまうので
その重みで切れてしまうことも!

すでにバストサイズが大きい方は
ナイト用ブラで重みによる切れを予防しましょう。

 

3.スポーツのときは「スポーツブラ」をつける

クーパー靭帯は強い揺れに弱いです。

ジョギングなんて揺れっぱなしですよね…
スポーツの時はスポーツブラ必須ですよ!

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ