体脂肪率とバストアップの関係とは?

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

体脂肪率とバストアップの関係とは?

 

あなたの体脂肪率は何%ですか (゜゜ )??

脂肪の多さなので、少ない方がもちろんうれしいのですが、
バストアップには、この体脂肪率が大切になってくるのです。

今日は体脂肪率とバストアップの関係についてのお話です。

 

女性の適性体脂肪率は、30歳未満で17~24%、
30歳以上で27%未満です。

その中でも、バストアップをしたいのであれば、
体脂肪率が20%はないと厳しいと言われています
…。

 

痩せすぎるとバストアップしない理由とは!?

さて、なぜ体脂肪は20%以上ないとバストアップは難しいのか?

なぜなら、体脂肪が20%以下だと女性ホルモンの働きが弱まり、
10%をきるとほとんど働かなくなるからなんです。

ホルモンバランスも安定しないんですね。。

 

人間は生命活動に必要なものにエネルギーが優先的に使われますから、
体脂肪が少なくなると生命の危機を感じ、
生理がとまるなど、女性機能から停止していく…というわけです。

バストは脂肪なので、ある程度の体脂肪率は必要、ということですね。
ちなみに体脂肪率20%では、太っているように見えることはありません。

 

ほっそりした方も、きちんと体脂肪20%ある方は多いので、
体脂肪を増やすことに抵抗がある方も安心してくださいね。

 

さて、先ほどは痩せすぎはダメって話だったのですが
逆に、年齢の適性数値よりも体脂肪がある人も
バストアップに黄色信号ですよ。

その理由を説明していきますね。

 

体脂肪が多すぎてもバストアップできない理由とは!?

やっかいなのですが、逆に脂肪のためすぎも
女性ホルモンの分泌を少なくしてしまうのです。

びっくりですよね(゚ω゚;)

 

理由は、脂肪が女性ホルモンの貯蔵庫になっているからなのです。

 

女性ホルモンは、分泌されるとすぐに肝臓で分解されてしまうため、
脂肪が女性ホルモンを蓄える性質を持っています。

 

体脂肪が多い人は、脂肪細胞が蓄える女性ホルモンの量が多くなりますね。
そうすると、もう十分に女性ホルモンが足りている、と体が勘違いして、
女性ホルモンの分泌を減らすそうなんです。

結果、バストアップしにくくなる、ということにつながります!

 

余談ですが、女性は加齢でだんだん太りやすくなりますよね。

20代や30代では子宮まわりを守る役割もあるのですが、
閉経後、女性ホルモンが極端に少なくなるので、
脂肪に蓄えられるように、カラダが脂肪をためようとする…

という理由もあるそうです*゚Д゚)ヘエエェェ

 

バストアップには「適性の体脂肪率」がとても重要、ということですね。

 

痩せすぎの方は体脂肪率アップを、
太り過ぎの方は体脂肪率のダウンを図るだけでも
バストアップしやすい体質になることができますよ☆

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ