ブラジャーのカップにお肉をしっかり収めるつけ方

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

ブラジャーのカップにお肉をしっかり収めるつけ方

 

ブラジャーに、バストのお肉を収めても、
ぷっくりお肉がでてしまう方、

それは、9割がたブラジャー選びと
ブラジャーの装着の仕方が間違っているために
起こってしまう現象かと思います。

しっかり収めたつもりでも
いつの間にか脇からぷっくりお肉が出ている…

というお悩みをお持ちの方のために!
今日は対処法をご紹介します。

 

まずはブラジャー選びを見直しましょう

 

ブラジャーのカップの形ですが、3/4以上のカップが理想です。
3/4ワイヤーがあると、収めたお肉が流れにくくなります。

そして重要なのが、アンダーのサイド部分です。

 

オシャレ重視のものはこの部分がすごく短く、
きゃしゃなデザインになっていますが、
サイドの部分が短いと、背中のお肉などのサポートが
弱く流れやすくなります。

サイドの部分が長いデザインを選びましょう。

補正下着などは、すべてアンダーのサイドのところが長くなっていますが、
それは、バストに集めたお肉をしっかりホールドするためなんですね。

 

ブラジャーの付け方をマスターしてわき肉防止!

 

みなさん、ブラジャーを毎日丁寧につけていますか?
もういちど、ブラジャーの付け方を見直してみましょう。

 

①ホックをつけ、下を向いてアンダーの部分を両手で持ち、
理想の位置(バージスラインにしっかり合わせた状態)まで引き上げる

ホックは一番奥か、真ん中で苦しくないように、
アンダーのサイズを選びましょう☆

 

②肩紐を片方通し、下を向いた時の理想の位置でキープできる長さに調節
 もう片方も同じように通し、長さを調節

 

③前かがみの姿勢のまま、左手で左カップを少し浮かせ、
右手で左のバスト全体を包み込み、中央に引き寄せる

 右側も同様にして引き寄せる

 

④後ろのアンダーベルトが肩甲骨の下にくるようにひっぱる。

この最後の仕上げがポイントで、
この工程でバストトップがくっとあがります。

ブラジャーのホック・ストラップともにきつすぎず、
ゆるすぎないのがポイントですよ!

 

背中やわきへお肉が出てしまうと、
なんだかメリハリのないボディラインになってしまいます。

ちょっとしたコツでスッキリバストに収めることができるので、
日々習慣づけられるようにしましょう(*^_^*)

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ