まずは押さえるべきバストアップ食品とは

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

まずは押さえるべきバストアップ食品とは

 

今日は食事について書いてみようと思います。
胸を大きくするためには「バランスのとれた食事」が重要、と
ユイもさんざん、うざいくらい言ってきましたよね(´∀`;)

 

 

なんとなく野菜をたくさん食べたり、タンパク質を意識したりはできるけど、
結局バストにどう効いているの?と思うことはありませんか?

 

まずは、胸を大きくするのに効果的な「イソフラボン」
「タンパク質」「ビタミンE」についてまとめました。

理由を知ることは、毎食バストアップをイメージしやすくしますよ。

 

●イソフラボンがどうしてバストアップに効くの?

美肌にも美バストにも必ずと言っていいほど出てくる
「イソフラボンを摂りましょう」というフレーズ。
どうしてこんなにもイソフラボンがもてはやされるのでしょうか。

それは、イソフラボンに女性ホルモンと似た作用があり、
脳が「女性ホルモンが出ている」と勘違いするからなのです。

 

バストアップサプリやクリームもこのイソフラボンを使ったものが多いですが、
不妊などの原因にもなるので、やはり食品から摂るのが一番です!

特に大豆は、タンパク質・カルシウム・脂肪・ミネラルがたくさん含まれているので、
他の栄養素も摂れたりとオススメです♪

 

●女性ホルモンを活性化する「ビタミンE」

ビタミンEには血行促進する働きがあり、女性ホルモンを活性化してくれます。
アンチエイジング効果でも有名なビタミンE。

 

バストも、顔と一緒で年齢とともにたるんでくるものなので、
ビタミンEが、ハリのあるバスト維持を助けてくれます。

ユイのおすすめは、ミスユニバースが摂取していることで流行ったアーモンド。
1日25粒~30粒。水と一緒に食べるとお腹も膨らむのでおやつにぴったりです。

 

→かぼちゃ、アボガド、ナッツ類、モロヘイヤ、オリーブオイルは便秘にも効果絶大!
ユイはエキストラバージンオリーブオイルをそのまま大さじ1杯飲んでます。

 

●豊かなバストの源「タンパク質」

タンパク質は、豊かなバストをつくるためには絶対欠かせない栄養素です。
女性ホルモンの働きを活発にするので、バストアップの基盤となります。
動物性と植物性の2種類のタンパク質、どちらもバランスよく摂取しましょう。

 

★動物性タンパク質
→肉(豚肉やささみがおすすめ)、魚、乳製品

 

★植物性タンパク質
→大豆、納豆、枝豆、豆乳、焼きのり、干しシイタケ
イソフラボンもタンパク質も含まれている大豆製品は、
バストアップに関してはかなりの重要食材です!

 

この他にもまだまだバストアップに関係の深い栄養素や食品はありますが、
まずはこれらを中心に摂取してみる事をおススメします。
バストアップ食材×マッサージで育乳を頑張りましょう!

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ