ブラジャーは機能性と快適性のバランスを考えて選ぼう!

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

ブラジャーは機能性と快適性のバランスを考えて選ぼう!

みなさんがブラジャーを

つけている理由は何ですか?

乳首が透けてしまうのがイヤだから??

 

bbla342

 

ノーブラだとバストが

小さく見えるからでしょうか?

 

垂れていて形が悪いからでしょうか?

 

…。

 

だとしたら、

若くてバストの形も良くて大きさもある女性は

乳首が透けないようにするためだけの、

カップつきキャミソールで良いのか…

 

というと、そうではありませんよね(・_・;)

 

ブラジャーの本当の仕事は乳腺の保護なのです☆

 

 

バストは、Eカップの人で約800グラム、

Aカップの人でも約200グラムはあるといわれています。

 

それがノーブラの状態で24時間、3日間、1週間、

1か月、1年…と放置していたらどうなると思いますか!?

 

地球には重力がかかっていますので、

もちろん、どんどん下に下がってしまいます。。。

 

では、どうして若いころは垂れないのでしょうか?

 

それは筋肉量や肌が若いのもありますが、

大きくは「クーパー靭帯」が

切れていないからなんですね。


バストの大半は脂肪です。

 

これが大胸筋の上に乗っているわけですが、

それだけではバストは形よくキープできません。

 

大胸筋と一緒にクーパー靭帯があるからこそ、

上向きのバストが維持できるのです。

 

このクーパー靭帯とは、

バスト皮膚や筋肉と乳腺を支えている

組織のことです。

 

kasui878

 

これが、年齢とともに皮膚がたるんでくると

クーパー靭帯もゆるみ、バストが垂れてしまいます。

 

そして恐ろしいことに、

若くても、激しい運動の拍子に、

ブチブチブチッ!!と切れてしまいます。

 

だから、このクーパー靭帯は

すごーく大事に扱って上げないといけないのです。

 

ブラジャーをつけてバストを支えてあげることによって、

クーパー靭帯が下に引っ張られるのを防ぎ、

伸びたり縮んだりするのを防ぎます。

 

クーパー靭帯が切れると乳腺の働きも悪くなる…

一度切れたら戻らないと言われてるクーパー靭帯なので、

バストアップを成功させるためには

必死で守ってあげる必要がありますね(*^_^*)

 

ブラジャーは、大切なおっぱいを守ることと、

バストラインを美しく整えること。

 

でも一日中付けるのでストレスを感じるようでは

せっかくのオシャレを楽しむことができませんよね。

 

だから補整の機能性とフィットする快適性の

バランスを考えて自分に合ったブラジャーを

選びましょうね(^^)

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ