インナーマッスルを鍛えて育乳ダイエットしよう!

↓買って後悔しないのコレ↓
ユイの育乳体験ブログ

インナーマッスルを鍛えて育乳ダイエットしよう!

アンダーバストぷよぷよ(笑)、

ぽっこりお腹を解消するためには

インナーマッスルの強化が欠かせませんっ!

 

in3ner

 

インナーマッスルって要は

「深層部の筋肉」なのですが、

 

 

これはつまり、

体の奥のほうにある筋肉の総称」です。

 

↑この「総称」というのがポイントで、

どこか1つの部分だけの筋肉を

指してるわけではないのですね。

 

 

私たちの筋肉は、体の中心から

何層にも重なって体を覆っていますが

その中でも深い部分にある筋肉が

インナーマッスルと呼ばれてるんです。

 

ちなみに、大胸筋や上腕二頭筋など

表面にある筋肉の部分は

「アウターマッスル」と呼ばれてます。

 

インナーマッスルと体幹の違いとは?

 

ユイがブログでよく

「体幹を鍛えてしなやかな体を作りましょう!」

と書いているからなのか?

 

読者さんからよく

「インナーマッスルと体幹は同じ意味ですか?」

と聞かれることがあります。

 

体幹とインナーマッスルは意味が違います。

 

 

体幹は、人間の体で言うと、

頭、両腕、両足を除いた

胴体部分」のことを指します。

taikan3

 

そして、体幹を支えているものが

「骨」や「筋肉」ということですね♪

 

その中でも「筋肉」には

外から見える表面の筋肉が「アウターマッスル」。

中に隠れて見えない筋肉が「インナーマッスル」。

このような定義になります。

 

だから、ユイがよく言う

「体幹を鍛えましょう!」というのは、

アウターマッスルとインナーマッスルの

両方を鍛えましょう!!ってことなんです(*^^*)

 

インナーマッスルのような

深層部にある筋肉を日頃から意識しておくことで

基礎代謝をさらにあげることができます。

 

なので肥満やメタボ予防に

役立つことはもちろんですが、

バストの形をよくしたり女性らしい

くびれを作る効果もあるのです(^^)

 

例えば、バストアップに大切な

「小胸筋」ってありますよね。

 

dore386

 

これも、バストを高い位置で保つための

インナーマッスルのサスペンダー的

役割を果たしてるので

下垂対策の肝になってくるわけです!

 

インナーマッスルって

なかなか意識しないと鍛えられないのですが

やり方さえ覚えてしまえば超カンタンです♪

 

早速、取り入れてみましょうね。

 

育乳に役立つインナーマッスルの鍛え方

 

インナーマッスルの鍛え方はいろいろあるのですが

その中でも効率的に「いいとこ取り」するために、

バストに良いものだけをオプションで取り入れてみてください☆

 

そこで、ユイもやっていたり

読者さんにも教えている特に役立つトレーニングがあるのですが

ちょうどプロのトレーナーの方がわかりやすく教えてくれている動画があったので

その動画を使って説明していきますね☆

 

 

1.内腹斜筋、外腹斜筋のトレーニング

 

これはアンダーバストを細くするのに

とても効果的なトレーニングです(*^^*)

 

既にマニュアルで解説したこともあるし

バストケアでも知られたトレーニングですが

肋骨(ろっこつ)を正しい位置に戻すのにとても適してます♪

 

また、ぽっこりお腹の解消にも役立ちますよ(^^ゞ

 

 

背中に脂肪はないけどアンダーが大きいって方は

肋骨が開いてしまってる人が多いです(>_<)

 

これは呼吸が浅かったり、姿勢が悪い人に

よくあることで肋骨が開いてしまってるのです…。

 

なので肋骨を支えてる内腹斜筋や外腹斜筋を鍛えることで

肋骨を正しい位置に戻して、代謝を上げ

アンダーバストをスッキリさせることが期待できます。

 

 

2.アブアイソメトリック

 

アブアイソメトリック運動も合わせて行って頂きたいです^^

これはストレッチのような筋肉を収縮する運動ではなく

筋力(特にインナーマッスル)と基礎代謝を向上させるトレーニングです。

 

特に、ぽっちゃり体型さんには効果的♪

 

ぽっちゃり下半身、たるんだ腕、

丸まった背中をスッキリ引き締まった

カラダにするための運動です。

 

 

これは体幹部の広範囲を鍛えるので少々きついトレーニングですが

脂肪も燃焼しやすくなるのでぜひ取り入れてほしいです☆

 

普段の生活でもインナーマッスルを意識!

 

そして、ここが大切なのですが、

インナーマッスルは日頃の生活習慣を変えるだけで

適度に鍛えることが可能です!

 

例えば、

・正しい姿勢

・胸式呼吸を意識して胸郭を広げる

・階段をのぼる時に足を高く上げてのぼる

・歩く時に「大股」で歩くように意識する

 

などに取り組むだけでも

インナーマッスル強化につながります。

 

ってことで、

インナーマッスルを鍛えると言っても、

実際は「意識だけ」の問題かもしれませんね(´∀`;)

 

 

深層部のふかーいところに存在するので

体を動かす時に、一番最初に動く筋肉ですし

このインナーマッスルが動き、体のバランスをとったうえで~!

 

…、次に動くのが「アウターマッスル」という

表面にある筋肉ということです。

(体幹を軸に動かすので一番力を使います)

 

 

だから、インナーマッスルは

特に大きな力を入れて鍛える必要がありません。

 

日頃の生活習慣をしっかり意識することで

インナーマッスルは十分使っていけますので

「継続」をモットーとして取り組んでいきましょう(^O^)

胸を大きく

する方法「裏メルマガ」
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ